錆転換型防食塗装システム あらゆる鋼構造物の内部から錆を無力化する「エポガードシステム」

MT-BERON57の特徴

公共工事等における
新技術活用システムです

MT-BERON57とは?

「MT-BERON57」シリーズは作業時の悪臭もほとんど無く、さらに従来使用されている塗膜剥離剤には、人体や環境に悪影響を及ぼす「ジクロロメタン」、「トリメチルベンゼン」、「N-メチル-2-ピロリドン」等の有機溶剤や、「結晶性シリカ」等の添加剤が使用されたものがありますが、本製品にはこれ等の物質が一切含まれておりません。

「MT-BERON57」シリーズ3つの特徴

1. 低臭気!

低臭気で作業時の不快な悪臭が少ない。

2. 消防法危険物に非該当!

水系で引火点無し。

3. 人体への影響に配慮!

「ジクロロメタン」、「トリメチルベンゼン」、「N-メチル-2-ピロリドン」が含まれておりません。

 

塗膜、アスベスト等の剥離

・橋梁や、建築物の塗膜を軟化させ、剥離させる。
・アスベストを湿潤状態で掻き落とす事ができる。

 

施工手順


1. MT-BERON57(アルカリ性、又は酸性)を希釈せずに原液のまま刷毛・ローラー・スプレーにより塗膜へ塗布する。(標準使用量 0.5kg/㎡)
※刷毛又はローラーは水性用の道具を使うこと(油性用の道具を使うと剥離剤により溶解する場合があります。)

2. 剥離剤が適量塗布できているかどうかを、ウエットフィルムゲージにて確認する。
管理膜厚 500µm(0.5kg/㎡≒500μm)

3. 養生時間後、カッターナイフかスクレーパー等の鋭利な刃物で軟化しているかを確認する。
※養生時間は対物温度・気温・湿度等によって異なる可能性があるため、事前の試験施工によって判断することが望ましい。

4. 塗膜軟化を確認後、スクレーパーにより旧塗膜を剥離させる。

5. 剥離完了

剥離完了後に1回で十分に剥離ができなければ、もう一度1〜4までの同じ手順で施工を行う。
※基本的には事前の試験施工にて回数と塗布量を確認しておくことが望ましい。

使用量・・・1回当たり500g/㎡(膜厚管理時500μm)
荷姿・・・17kg一斗缶(内面実質:ポリエチレン製)
使用上の留意点・・・既存塗膜の種類、外気温度・対物温度、被塗面に結露や水分を帯びている状況下では、軟化する時間や一度で掻き落とすことの出来る塗膜厚は異なる。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0598-20-2677 〒515-0044 三重県松阪市久保町1587-1
受付時間 9:00 - 17:30 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社エコクリーン All Rights Reserved.